忘年会の景品選びに困ったら

忘年会と新年会の景品について:二回分

忘年会とイベントと景品
会社などで行う忘年会と新年会では、出し物がある場合が多く、特に選ばれるのが
ビンゴゲームではないでしょうか。

そしてそのビンゴの景品をどうするかで頭を悩ませている方は
かなり多いのではないかと想定されます。

会社によっては、忘年会だけとか、新年会だけとかいった場合もあり、
そのような時は、特に問題は無いのですが、二回ある場合は
間髪無しに二回連続で訪れるのですから、幹事はたまったものではないでしょう。

連続で

こういった場合は忘年会を取り止めにするとか、二回やっても良いが
出し物でも景品はつかないなどといった決まり事を決めてやりさえすれば、
そう問題が大きくなることはないのではないでしょうか。

問題解決

それでも忘年会と新年会、二回やることが決定していて、景品をどちらにもださないと
ならないとなっている場合についてですが、この時は、会社で何かもらった時に
溜め込んでおくとか、そういった対応が必要でしょう。

二回分のゲームを考えることは中々骨が折れる作業でしょうから
一回はビンゴなどの親しみ深いものにしておくことで
幹事の荷が軽くなることはもちろん、参加者としても気楽に感じる部分は大きいでしょう。

または、ビンゴの景品自体を工夫してみるのも手でしょう。
その人の持っているもので、好きそうなものを、後ほどあげるなどといった商品は面白いのではないでしょうか。

どちらにもビンゴゲームと景品を盛り込む必要はありませんが、やはり何かしらの余興が
あったほうが、楽しみにできるという人も中にはいます。

一次会でのゲームでは景品がもらえなかったという人も、
二次会のビンゴでセカンドチャンスがあるとわかれば
再度盛り上がるのではないでしょうか。

新年会と忘年会の変化を考えたビンゴなどの景品の用意をしてみるのも、
考える際に面白くなるかもしれません。

せっかくの新年会と忘年会ですから、参加者だけではなく
幹事が心から楽しめる内容を考えることも、盛り上げるために
大切な要素の一つではないでしょうか。

幹事が楽しんで準備した新年会と忘年会は、参加者にとっても
その楽しさがきっと伝わるはずです。