長いものを風呂敷で包む

包むものの形とか大きさによって風呂敷の包み方は違ってきます。
また、持ち運ぶ方法によってもかわります。

自分で好きなように好きなものを包めばいいですが、
やはり基本のやり方というものがあります。

長方形のものを包む場合には、ふたつ包みというやり方が便利に
なります。

長いものだと風呂敷の対角の長さが足りないから無理かも、
と思われる方もおられるかもしれません。

しかし大丈夫です。このふたつ包みであれば、もう一方の
対角の長さの余った部分を利用することで、こんなに長い
ものまで、と思えるようなものも簡単に包むことができます。

ふたつ包みのやり方ですが、まず風呂敷の中心部分に包み
たいものを斜めにおきます。

そして、広く余っているほうの角どうしを包みたいものの上で
あわせます。そしてそのまま交差させ90度ひねります。

さらに、残りの短い余ったほうの角を荷物の上にもってきます。
それぞれひねっておいた角と合わせ、真結びしたら出来上がりです。

真結びというのは、風呂敷を使って包む上で最も基本となる
結び方になります。
最も大切なことは、結び目がほどけないようにすることです。

結び目がほどけないようにするためには、真結びをきっちりと
しないといけません。そうすることで中身が落ちないように
長いものも包むことが可能となります。

あくまでこの結び方は基本です。
決してこうでないといけない、というやり方はありません。

この荷物はこんな形だからこんな風に包もう、など自分で
考えられるようになったらいろいろなものを楽しみながら
包むことができます。

 

風呂敷で布団を包む

大きな布団は押し入れに入れても結構かさばるものです。
綺麗に入らなかったり、無理に押し込んで雪崩れてきたり、
何とかしたいものです。

特に季節限定の物は長い間しまうことになるので、押し入れが
ゴチャつきがちです。

市販の圧縮袋や専用カバーも良いですが、思ったより使い勝手が
悪かったり値段が高かったりもします。

意外と使えるのが昔ながらの風呂敷です。
最近はかわいい柄なども多く、若い人にも人気があります。

すでに持っていたり、注目している人も多いでしょう。
大伴サイズを使えば、サイズの大きい物も簡単に包んで収納できます。

大きいサイズ

小さめなら毛布やタオルケットなどの収納にも良いです。
空気を含んでカサが出る羽毛布団も風呂敷でギュっと包めば幅を取りません。

包み方も簡単で大丈夫です。お弁当を包むように、対角線同士を
結べばOKです。使い方が簡単で、すぐに取りだせることもポイントが高いです。

結び目を持つことができるので、出し入れもしやすくなります。
持ち運ぶのにもちょうど良く、引越しの際などにも風呂敷で包むと便利です。

包んだ時のまとまり感がスッキリしているので、押し入れを開けた時の
見た目も綺麗になります。

あまりなじみのない人もいるでしょうが、何かを包んだり収納したり
まとめたりする時にかなり使える存在なのです。

一度使ってみると、昔から長年使われている理由がわかるでしょう。
布団の収納方法に悩んでいる人は、ぜひ風呂敷を使ってみてください。